fikadags

エストニアの首都タリンへ。

4件のコメント

ゆらゆらと左右に動くフェリーの中。
レストランで朝のビュッフェを楽しんだ後、フェリーの最後部に位置する階段で最上階まで上がった僕は、甲板の上から朝日が上ってくるのを静かに眺めていました。

水平線上に広がる色鮮やかな朝焼け。
_DSC5717

昨日、僕とナタを乗せたフェリーはストックホルムの港を出発。
とても短い旅行の始まりは風がとても強く吹き荒れ、小さな船室の窓から見える広い海原には波がうねるように広がり、大きなフェリーの船体は絶えず左右に揺れていました。

それでも、深夜にフェリーの甲板から空を見上げると満天の星空が飛び込んできたり、朝は凍えるほどの冷たい風が吹く中、遠くに見える水平線から夜が明けるのを眺めたり。
たったこれだけのことですが、本当に幸せな気分になってしまいます。

数時間後、僕らを乗せたフェリーは無事に目的地の港に到着。
_DSC5725

あれ?早朝に見た綺麗な空はどこへ?
前回のコペンハーゲンに続き、曇り空の旅行がスタートです。

さて、今回僕とナタが訪れたのは、エストニアの首都タリン。
エストニアはバルト海の東岸に南北に並ぶ3つの国”バルト三国”のひとつ。
※北から順に、エストニア、ラトビア、リトアニア。
首都であるタリン(Tallinn)の人口は約42万人、旧市街は世界遺産「タリン歴史地区」に指定されています。
タリンはフィンランドの首都ヘルシンキ、ロシアのサンクトペテルブルクと同じくフィンランド湾に面する主要都市の一つであり、13世紀にデンマーク人によって作られました。
「タリン」は、エストニア語で ”デンマーク人の城”という意味なんだそうです。

そんな僕らのタリン観光は、大きな門の旧市街入り口から。
_DSC5731

ここはスール・ランナ門と呼ばれているタリン港からも近い城壁の北門。
併設した砲塔は、かつて牢獄として使われていたころに囚人の世話をしていた太った女将さんの名前にちなんで「ふとっちょマルガレータ」という愛称で呼ばれています。

スール・ランナ門からタリンの旧市街へ入ると、たくさんの素敵な空間が飛び込んできます。

静かな路地裏をぶらぶら散歩したり、
_DSC5739

素敵な街並みに足を止めてみたり、
_DSC5746

壁に沿って歩いてみたくなったり。
_DSC5758

タリンの可愛らしい旧市街は入り組んだ石畳の路地が本当に魅力的だと思います。
ストックホルムの旧市街「ガムラスタン」もとても魅力的ですが、タリンのはまた少し雰囲気が異なりますね。

壁の間にトンネル。
_DSC5766

ぶらぶらしていると時刻は12時になっていました。
タリンの港に10時45分に到着をしていたので、気がつけばすぐにお昼ご飯の時間です。

僕達がランチに選んだレストランは、ヴィーガン料理で有名な「Vegan Restoran V」
_DSC5790

このレストランは、トリップアドバイザーでも常に上位に入っている人気レストラン。
食べに来る場合は予約必須とのこと。

でも、僕の楽しみは食事よりもこれなんです。※ピントずれました・・。
_DSC5802

最近の旅行のテーマの一つに、「旅先でビールを飲む!」というのを掲げています。
アルコールには滅法弱いのですが、ビールの味は大好き。
たった1本のビールで十分満足してしまう財布にやさしい男です。笑
さて、このエストニアビールの味はとてもまろやかで本当に美味しかった。

ランチにはベジハンバーガーをオーダー。
_DSC5808

ベジタリアンの方にはめちゃくちゃお勧めです。
でも、ベジタリアンでない方にも本当にお勧め。

店内はこんな感じ。
_DSC5818

白い壁には野菜たちの絵。ダヴィンチ?
_DSC5813

「レストラン情報」
Vegan Restoran V
Rataskaevu 12, Tallinn EE10123, Estonia
TEL:+372 626 9087

さてさて、その後も旧市街をぶらぶら散歩。

レストラン近くの狭い階段を上がっていくと、
_DSC5820

タリンの街並みが一望できる展望台に到着。
_DSC5835

ここはトームペアの丘にあるコホトゥオツァ展望台。
バルト海や、旧市街を取り囲む城壁や塔や教会、赤屋根の可愛らしい街並みが一望できます。
天気が良ければすごく綺麗なんでしょうけど、この日は生憎の曇り空。
さらに、とてつもない強風がタリンの街に吹き荒れていましたので僕らはすぐに退散しました。

真っ白なカモメさんは本当に人懐っこかった。
_DSC5828

実はもうひとつ展望台があったのですが、この時は行かなくていいやって思ってしまって。
結局今になって行っとけばよかったなと後悔しています。笑
そちらからは三角帽子の城壁や教会がより見えるので、次回訪れたときに寄ってみよう。

また、展望台へ向かう途中にはアレクサンドル・ネフスキー教会があります。
とても装飾が綺麗なロシア教会なのでこちらもお勧め。
写真は撮り忘れました。笑

その後、Viru通りの端に建つ二つの小さな円柱の塔から形成されるヴィル門にやってきました。
_DSC5783

1880年代に交通整備の為、門の大部分が取り壊されてしまったらしいです。
でも、この2つの塔は残され今では街のシンボルに。
曇り空だからあまりぱっとしませんがとても素敵でした。

タリンといえばヨーロッパでも中世の要塞や防御設備が非常に多く現存していることで有名なんです。
街には約2キロメートルの城壁も残っていますし、旧市街が可愛らしいおとぎの国のように見えるのは、城壁と周辺の塔の存在が大きいと思います。

城壁に作られたお店もたくさんありました。
_DSC5788

今回の旅行ではそんなタリンの街並みをのんびり見て回ろうと思っていたのですが、昼過ぎぐらいからは完全に寒さとの戦いになってしまいました。
コペンハーゲン旅行と同様、あまりの強風で体が芯まで冷えちゃいまして。
最近の旅行は本当に天気に恵まれていない感じです・・・。
さらに滞在時間は10:45~18:00までの時間制限尽き。

”寒さの中を頑張ってぶらつくより、可愛らしいカフェでのんびりフィーカでもしたいね。”
そんな方向に話は流れ、いつの間にか僕達は「職人たちの中庭」という呼び名の広場に来ていました。
この一角にはガラスや陶器などさまざまな工芸の職人さんたちが工房やギャラリーを構えていて、屋外の共有スペースにはテラスベンチもあります。

この寒さの中で休憩する気にはなりませんでしたが、僕達の目的地は同じ敷地内にあるこのカフェ。
_DSC5878

1937年創業の老舗チョコレートカフェ「Pierre Chocolaterie」。
ここの濃厚ガトーショコラが絶品だという話を聞いていたのでフィーカしに来ちゃいました。
※フィーカ(fika)はスウェーデン語で「お茶をする」という意味。

一歩中に入るとアンティークな家具たちがお出迎え。
_DSC5873

奥にも素敵な部屋があります。
_DSC5874

そして、迷うことなうガトーショコラを注文してみました。
_DSC5870

これ。
本当に。
食べてよかったです。

いやー、本当に濃厚。
疲れた体に染みました。
濃いコーヒーとの相性抜群。
観光本にも載っている定番のカフェらしいのですが来て良かったです。

カフェを出た後、「職人たちの中庭」にある一軒のウール専門店に入りました。
お店のおばさんが本当にいい人で、このお店で僕はエストニアシープ100%のニット帽子、ナタは手袋を購入。
それぞれ18ユーロ(2,600円ぐらい)と値段は安かったにもかかわらず、全ておばさんがハンドメイドで作っているとのことで質は最高に良かったです。
今からの季節にぴったり。

その後は、すぐ近くに位置する聖カタリーナの小径呼ばれている通りへと足を伸ばしてみました。
_DSC5910

タリン観光中はたくさんの素敵な路地を見ました。
その中でもこの聖カタリーナの小径は雰囲気が独特だったような気がします。
すごく中世っぽいというか、石畳や壁の感じがとても素敵でしたね。

ちなみに、タリンではこんな感じで路地にたくさん露店が出ています。
_DSC5886

聖カタリーナの小径を抜けた後、旧市庁舎広場(ラエコヤ広場)へ。
ラコエヤ広場は旧市街の中心に位置し、各方向から伸びる幾筋もの路地が自然と行き着くようになっています。
ここは観光中に何度も通っていた広場だったのですが、どうしても暗くなってから写真が撮りたかったんですよ。

なぜなら、今はクリスマスマーケットが開催されているから。
_DSC5905

本当に素敵なクリスマスマーケット。
たくさんの屋台に並ぶ商品を見て回るだけで幸せです。

逆側から見るとこんな感じ。
_DSC5888

そんな感じで時間はすぐに流れてしまい、気がつけば時刻は17時を過ぎてしまいました。
港へ向かう途中にあったショッピングモールで色々と買い込みフェリーへと戻ります。
_DSC5916

とまあ、エストニアの滞在時間がわずか7時間ほどの短い旅行でしたが、タリンの観光のメインとなる旧市街はとても小さく全て歩いて行ける距離にあるので結構楽しむことが出来ました。
ただ、常に時間を気にしていたので1泊ぐらい泊まってもいいかも。

2014年最後の旅行はタリンになってしまいましたが、また来年も時間に余裕がある時にはたくさんの国へ訪れたいと思います。
それでは今日はこのへんで。

広告

エストニアの首都タリンへ。」への4件のフィードバック

  1. 知らない街の今を撮る美しい写真、見ていてわくわくします。どんな雑誌よりも素敵です。いつもありがとうございます。

    • Linaさん

      初めまして!コメントいただきありがとうございます!
      また、僕が撮った写真でわくわくしていただけて本当に嬉しい限りです!!
      タリンは初めて訪れましたが、旧市街は本当に素敵な街並みで絶えずキョロキョロしてましたね。笑
      夏は本当に素敵らしいので機会があればまた夏にでも寄ってみようかと思っています。
      ブログは今後ものんびり更新予定ですので、これからもよろしくお願いします!

  2. こんにちは!6月に初めてタリンを訪れたとき、fikadagsさんのブログを何度も見て旅をしました。写真がとってもきれいで、ほっこりできるこのブログが大好きです。タリンは可愛い街で、ヴィーガン料理のベジバーガーもガトーショコラも最高に美味しかったです!すばらしい旅をありがとうございます☆

    • 北欧フィーカさん

      初めまして!コメントいただきありがとうございます!また、ブログを気に入っていただき本当に嬉しい限りです!
      タリン旅行、僕と同じようにヴィーガン料理のベジバーガーもガトーショコラも食べたなんて本当に驚きでした!素晴らしい旅になったみたいでよかったです!ブログは今後も更新していきますので、またおヒマな時にでもご覧くださいね!よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中